テーマ:教育

森林が危ない・・・。恩師より暑中見舞い

高校の3年間を担任した恩師から手紙が来た。 暑中見舞いの返事。 商業高校だったこともあり、 進学とはまったく関係ないため その担任の授業は要点だけで 後は「憲法9条」「戦争」「自然破壊」など ちょっと変わってはいるが 生徒に対し正面から受け止めてくれる先生でした。 それまでの担任は、 母親の知人ばかり 同級生・お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼくは、君のためにこそ死に行く・・・。

石原慎太郎原作の映画ですが、 映画化される以前に この話についてインタビューを受けているのを聞いて 内容は知っていました。 特攻の話は、色々な体験談や映画などで知っていますが 死ぬために訓練を受け、 そして出陣していく・・・。 自分の死で確実に勝てると言うのならまだわかる気がするが 相手にダメージを与えるだけのために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パッチギ・・日本がしたこと。

小さい頃、祖父に戦争の話を聞いた時、 日本人は朝鮮人を日本に連れてきて 強制労働をさせていたと・・・。 そうした二世やらが今の在日朝鮮です。 まだ100年すら経っていないのに 日本はそんな過去を忘れ、 テロ国家として扱っている。 拉致問題も含め 日本はもっと自分達が朝鮮を追い込んだ 罪悪感を持つべきではないでしょうか
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

新しい世界に向けて・・・読書

毎日の通勤やコーヒーを飲みながら いろんなジャンルの本を読んでいる 看護師をしながら 色々バイトをしてきたのも いずれ看護の世界から抜けるための 準備のため。 と言うより、看護の世界では色々見てきたことが 抜けさせるきっかけになったのかもしれない。 悪いことばかりではなく それ以上ないいことのほうが多かったと思います。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若いスタッフへの教育

病院で働いていると 年配の職員が自分たちの都合で 業務や意見を述べている。 その一方で若いスタッフは何も意見を言わず ある程度働いたら退職していく。 どこの職場でもそうだが きめられたことしか出来ず 自分達で考えることさえ出来なくなっている。 年配の人は新しいことを覚えられないから 自分達の考えを押しとうそうとしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more