映画『サウスバンド』

今の日本人の家庭になくなったものを感じさせられるような映画だった。

笑えるような部分があったが
きっとそれが本当の家庭の姿なのではないかと思う。

間違っていると思ったことに対して
はっきりと自分の意見を言い、
その姿勢を崩さない父親。

そしてそんな姿をひたすら信じている母親の姿。

父親の姿を恥ずかしいと思いつつも
いつの間にか自分自身も
父親同様に正しいと思ったことを
貫いていっている子供。

ヒットする映画ではないと思うが
沢山の人に見てもらい
の中で大ヒットをして欲しいと思う

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック