世界で一番受けたい授業・・・金八先生

テレビで金八先生こと、武田鉄矢が
『生と死』についての講義を行っていた。

前日にドラマの金八先生を見ていたこともあり
そこに出演しているのは
武田鉄矢ではなく、金八先生として見ていた。

宮沢賢治の作品である「風の又三郎」を
金八節での解釈に納得させられた。

また漢字の「生」と「死」についても
相変わらずの漢字の出来た過程からからの説明には
納得を越え感動させられた

やはり金八先生はすごい

この記事へのコメント

せな
2007年10月14日 22:55
深かったね~(*_*)わたしにはあんな風には読めない…感動

この記事へのトラックバック

  • 3年B組金八先生あらすじ 第4話「父親はウザイか?」

    Excerpt: 受験に専念するよう厳しく言われ、父・和彦(小宮孝泰)から大好きな野球を取り上げられたサトケン(廣瀬真平)は、ショックのあまり部屋に引きこもってしまった。 そうとは知らない金八(武田鉄矢)は、風.. Weblog: 3年B組金八先生(第8シリーズ)情報局 racked: 2007-11-01 14:24